皆さんは東京湾にある「海の森」をご存知でしょうか。
 「海の森」は東京湾のゴミの埋立て地を緑の森に再生しようという東京都の緑化プロジェクトです。東京都、企業、そして市民ボランティアの恊働による森づくりです。建築家の安藤忠雄氏がリーダーとなり、2008年の植樹祭にはU2のボノさん、2004年ノーベル平和賞を受賞した故ワンガリ・マータイさんも参加しています。

「海の森」 広さは88ha(日比谷公園5.5倍)、2016年に一部オープン予定
森の海1

そして私達もボランティア参加させていただくことになりました(^-^)。私たちは普段は花や野菜を育てて楽しむ集団です。2010年から3年間、海の森に植栽する苗木をどんぐりから育ててきました。どんぐりから育てると根がグルグル伸びて成長します。根がしっかりした苗は大地に根を張りたくましく育ちます。ちなみに海の森に植えられる苗木の種類は約50種類の高木、中木、低木の針葉樹、常緑樹です。いろいろな種類が存在する自然植生により近い、厳しい環境変化にも負けない強い森になります。
 さて、育苗3年目の今秋、どんぐりの里親としての任務は無事完了となりました。こんなことをきっかけに、職場のみんなにも声を掛けて植樹祭へお誘いしてみました。
 私達が思っていたよりも、海の森を知らない人が多い様子でした。だとすると、やっぱり知ってもらいたいなと思いました。海の森は3年後の2016年に公園としてオープンする予定です。まだ住所も決まっていない、普段は人が立ち入りできない場所です。東京オリンピック2020年の競技開催場所にもなります。そして、ステキなのは『あなたのための森ではない。あなたのこどものための海の森。』というコンセプト、そして自然と共生する都市計画です。海からの風がこの植栽地から皇居、神宮の森と緑の回廊を通り道に、都心を涼しく冷ましてくれます。ヒートアイランド現象を穏やかにします。
 11月16日植樹祭の当日、皆さんが一生懸命だったことが印象的でした。ちびっ子たちも夢中で仕事を続けます。よく働いてくださいました!みんなで一緒にやるから楽しくてしょうがない様子でした。

植栽地は東京が一望できる位置、緑のある街、青い空は後世にも残したい
森の海2
森の海3

 「海の森」が悠々とした広大な森へと姿を変え、将来の都心を涼しく、緑豊かな美しい街にしてくれることを夢見ながら・・・。
 私達は、自然の中でこそ生かされてきたことを忘れることなく、森と一緒に成長していくことが大切ではないかと・・・。参加者の皆さんと少し分かち合えたと思います。
 皆さんの中にもこういう街に住みたいなという理想はありませんか?都会にこそ森は必要です!
 楽しい植樹祭をどうもありがとうございました。

by 花や野菜を育てて楽しむガーデニングクラブ s.ikushima