積もっていた雪が融け、野幌の森は一気に春の装いに衣替えが進んだ。

緑のクマイザサが雑木林の林床を埋め、フキノトウやフクジュソウ、エゾエンゴサクが遊歩道を飾る。

藪の中から顔を出したのは数頭のエゾシカで、この森を棲み処にしている。

エゾシカは、森の周辺の農作物に被害を与えたり、冬の森の若い樹木の皮を食べ枯らしてしまうなど、

森の管理者にとっては厄介者だ。

 

森の湿地には春の訪れを告げるミズバショウの群生が見頃を迎え、訪れるひとの目を楽しませてくれる。

ミズバショウは、葉の形が「芭蕉」に似て水辺に生えることから名づけられ、

花言葉は「美しい思い出」「変わらぬ美しさ」だそう。

 

雑木林の倒木から「コツ、コツ…!」樹を突く音で見つけたのは、雌のクマゲラだ。

最近出逢うことが多くなったクマゲラだが、新型コロナウイルスの影響で、今年のクマゲラ一斉調査が中止

となり、生息数を知ることはできなかった。 クマゲラが増えることは、若木から老木までそろう“豊かな森”

の証拠で嬉しいことだという。

 

写真

①藪の中から顔を出したエゾシカ

②湿地のミズバショウも見頃

③倒木で食べ物を探す雌のクマゲラ