寒暖の差が大きい日が続く野幌森林公園の森は20㎝を超える積雪となり、例年よりも早い、春まで積雪状態が続く“根雪”となる佇まいとなった。

雪が積もり発見し易くなった天然記念物のクマゲラを、久しぶりに撮影する事ができた。クマゲラは、夏の間雑木林の倒木などに取付き採食するので見つけるのが難しいが、林床が雪に覆われるこの時期からは、枯れた立木に取付き採餌の為、樹を突く音で見つけやすくなる。この森で毎年生息調査し1~2羽程との結果が出ているが、私の体験では2つがい程が生息しているように思われる。

森の遊歩道は積雪状態に雨が降り、ぬかるみとなった所に寒波でカチカチに凍り、でこぼこで滑りやすく歩き難い状態となっている。

静かな雑木林で食べ物を求め飛び回る小鳥たちに混じり、最近バーダーの人気を集めるシマエナガを撮影する事もできた。せわしなく動き回る体長14㎝程のシマエナガは、本州以南の亜種に比べ体が白く、成鳥は黒い眉班が無いのが特徴。(幼鳥には眉班が出る)周年森に生息するが、夏の間は樹の葉に隠れたり高い所を移動するので見つけにくいが、春にかけて樹液を舐めに来るので見つけやすくなる。

 

写真

①クマゲラ ( 2017年12月8日撮影 )

DSC_0293

②でこぼこ遊歩道 ( 2017年12月14日撮影 )

DSC_1601

③シマエナガ ( 2017年12月14日撮影 )

DSC_1704